うつ告白の大坂なおみだけじゃない 為末大が明かすトップ選手の「消えてしまいたい願望」〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/b35fd560b249bf802cf2c04fcb072a713d2bc128

 

大坂なおみ選手(日清食品)が、全仏オープン選手権を棄権し、6月1日に自身のSNSで、2018年の全米オープン後からうつ症状に悩まされていたことを公表した。

 

これについてアスリートの為末大さんによると、アスリートのメンタルの不調や心の揺らぎは特別なことではないそうです。

 

まぁ我々からすると華やかな結果に対して評価をしてしまいますが、結果を出すために努力しているアスリートにとっては理解されないプレッシャーがあって当然ですよね。

 

ストイックで行動力のある人は、ある意味超マジメ。

目標に対する課題や障害に自問自答し、解決策を見つけるためにコーチやトレーニングを試行錯誤して努力します。

 

それでもすぐに結果がでるわけでもなく、自分の立ち位置すら迷ってしまうのでしょう。

 

プロアスリートでなくてもマジメな日本人タイプは特に、ちょっと引いた立場から話ができる仲間がいるだけでも精神的なストレスに強くなれそうですね。