うつ病 治療

うつ病の症状

 

 

鬱病の症状 チェック

 

うつ病診断で有名なのが、簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)です。
睡眠、食欲/体重、精神運動状態に関する項目について設問に答えていくことで、簡易的にうつ度がチェックできます。

 

アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVの大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に沿った内容です。

 

0(問題ない、思わない、ない)

4(大いに問題あり、思う、ある)

 

 

 1.寝つき
 2.夜間の睡眠
 3.早く目が覚めすぎる
 4.眠りすぎる
 5.悲しい気持ち
 6.食欲低下
 7.食欲増進
 8.体重減少(最近2週間で)
 9.体重増加(最近2週間で)
10.集中力/決断
11.自分についての見方
12.死や自殺についての考え
13.一般的な興味
14.エネルギーのレベル
15.動きが遅くなった気がする
16.落ち着かない

 

 

採点の方法

 

睡眠に関する項目(第1−4項目)、食欲/体重に関する項目(第6−9項目)、精神運動状態に関する2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化します。

 

それ以外の項目(第5、10,11,12,13,14項目)は、それぞれの点数を書き出します。

 

うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他 6 項目を会わせて 9 項目の合計点数(0点から27点)で評価します。原版 QIDS では、点数と重症度は下記のようになっています。

 

   〜5・正常
 6〜10・経度
11〜15・中等度
16〜20・重度
21〜27・きわめて重度

 

。6 点以上の場合にはうつ病の可能性があるとのこと。
気になっていたら医療機関に相談してください。

Update Record