STユニタス勤務の故チャン・ミンスンさん労災認定 妹失った姉、1年10カ月間の闘いで 「遺族が被害事実を立証しなければならない制度は改善すべき」

 

 

 「公短期(公務員短期学校)」、「資短期(資格証短期学校)」として知られるオンライン講義会社「STユニタス」で働いていたウェブデザイナー、チャン・ミンスンさん(36)が過労に苦しみ、昨年1月に自ら命を絶った事件について、勤労福祉公団は今月16日、業務上の災害による死亡と認めた。

 

 

ソウル業務上疾病判定委員会は、急速に成長したインターネット業者においてウェブデザイナーとして多大な業務負担があったこと、入社前に治療を受けたうつ病が慢性的な過労と上司の侮辱的言辞などで悪化するなど、チャン氏の業務と死亡の因果関係が相当あると判断した。

 

接客

 

 今回の決定について、韓国労働安全保健研究所のチェ・ミン常任活動家(職業環境医学専門医)は「長時間労働などにより職場で人が死んでいく韓国社会に警鐘を鳴らした判断」だと主張。

 

「絶対的な労働時間だけでなく、最近論議されている弾力勤労制(裁量労働制)のように1日の勤労時間を制限しない労働形態は過労自殺に否定的な影響を及ぼすため、これに対する社会的認識が必要だ」と指摘した。

 

 

日本の制作会社はそんなもんです。作り手の労力も考えず言いたい放題の人を許すから負のスパイラルから抜け出せない。

 

韓国ではムン氏の労働時間短縮で週52時間労働になったんじゃないのかい。 これじゃ「仏造って魂入れず」ってやつだね。
労働基準監督署の役人も左翼の人間が大勢入っているんだろう。
企業からの賄賂で手心を加え私腹を肥やしているんじゃないかい、検察の出番が在りそうだ。