風の木クリニック

「精神科医が教える聴く技術」など親子関係を解決する経験が豊富。またメンタルの専門家に対してもサポートメニューがある。



院長

高橋 和巳
経歴
 1953年生
 東京都立小石川高校卒業
 慶応義塾大学文学部中退
 1984 福島県立医科大学医学部卒業
 東京医科歯科大学神経精神科入局
 1988 東京都立松沢病院勤務
 東京医科歯科大学にて医学博士号取得
 2001 都立松沢病院精神科医長を退職
 2004 風の木クリニック開設

■資格
 精神保健指定医 / 日本精神神経学会・精神科専門医
 日本睡眠学会・睡眠医療専門医



診察内容

保険診療以外の治療法やサポートなど。

保険外診療

心理カウンセリング



対応病気・症状

うつ病、 反復性うつ病 (燃え尽き症候群)、 パニック障害、 不安性障害、 PTSD (心的外傷後ストレス障害)、 反応性愛着障害/脱抑制型対人交流障害、 摂食障害、 心身症、 不眠症、子どもの引きこもり・不登校、子どもの家庭内暴力・思春期問題、子どもの発達障害、配偶者のアルコール問題・ギャンブル・浪費、配偶者の暴力(DV)



保険以外の制度(助成金など)

開業しているカウンセラー、病院などの心理職・カウンセラー、スクール・カウンセラー、病院などのケースワーカー、援助職、福祉職の方々のスーパーヴィジョンを行っています。カウンセリングの仕方、ケースワークの仕方、援助の方法などで迷っていたり困っていたら、どうぞ相談においで下さい。また、高橋和巳医師が定期的に行っている講座やセミナーを紹介しています。




アクセス

住所

102-0092 東京都千代田区隼町3−19−2F2



電話番号

03-3239-5611



公式サイト

http://www.kazenoki.jp/index.html



料金

1. 各種健康保険を利用した通常の診療
(高橋和巳医師),精神療法と必要であれば薬を処方します。
初診時:2,000円?2,500円、再診時:1,200円 1,500円 (いずれも3割負担の場合で薬代は別です)

2. 高橋医師のカウンセリング・相談・家族相談
   1回50分:15,000円

3. 当院の心理カウンセラーによるカウンセリング・相談・家族相談 1回50分 : 8,000円



口コミ・評判

平均評価【3.3】
投稿数【4】
感想・

Googleマップの投稿より

医師が、1人の為ほとんど予約は、取れない。
治療は、投薬と、短いカンセリングのみ
外注が、ないので、血液検査などは、するのは難しいかもしれませんね。

精神保健指定医 生活保護も、受け入れている。
デパス系の薬を良く出す。

約30年前にお世話になりました。長時間のカウンセリングが必要な方には行うと思います。彼が真剣にしかも気合を入れて長時間行うカウンセリングは超のつく絶品カウンセリングです(嘘じゃないもーん)。30年も経ってみるとそれが自分探しの贅沢な至福のお時間だった事がわかります(今病んでる人は 今辛いかもしれませんが)。

本当にカウンセリングの理論に従って心の問題をとは言っても実際に手抜きなしで解決するのを生まれて初めて目の当たりにしたと思いました。こちらの先生は そのスキルを持っておられると思います。なんとその当時、お薬は私が重度の不眠症訴えるまで一切出さない方針でした。つらかったぁ?。

理知的で徹底的に冷たい所と、情緒的関与のための習熟したスキルによるじんわり来る温かみのある所(遠赤) と両方を感じられる先生だと思います。

本当にあれはなんだったのだろうと今思い出しても不思議な気持ちになります。あだ名は何と吉宗。いや30年前 ^^;

ただ合う合わないって絶対あるから。それに全ての心の問題を解決する訳じゃない。

長い年月を振り返ってみて、何が変化だったのか考えさせられるようになりました。当時確実に何かの変化を体験したはずなんです。おそらくは、自分で何とかしようという自分を育てる?きっかけ? をカウンセリングによって得たのではないかと思います。

先生のライフワークの「自立」の概念の一つなのではと今更ながらに推測します。自立はいつの間にかするもので、自然にするものということでした。

自立という言葉は幾何学的な形を表しているようなもので、何のことやら。。医学で悟りとかいう訳にはいかないので医療体系のために作った言葉だと思います。本来は悟り切った人がいないように自立し切っている人もいない。

でも、愛。。 愛されるように話ができるようになるとか ^^ 甘えられるとか^^ ダメな自分もいるとリラックスして考えられるとか。でも先生自身の心の闇?とかもあって先生も何も完璧な人間とかなわけじゃないとか、笑々。。

自立すると楽しく生きられるようになるとか。だし自立してると何かあっても楽しく生きられるように知らず知らず努力していたりとか、自立してると凹んでもまたいつのまにかポイーンと弾んで萌えていたりとか、なんかそういうことらしいんですけれど、そんなの絶対信じていませんでした、もちろん。

でも嘘じゃなかったのかもしれない(曖昧だけど)。。 30年くらい経った方が実感が湧くかもです。自立って人間として愛とか愛情がしっかりする事だと思います。

自立とはワタシにとっては「信じ続けられるようになること」の一語につきます。肉体と精神における個の確立よりは難しいことですが、薄幸な母子関係もあって、それが私にとってはそれでも一番易く優しい方法ということです。

なんて言っていいかわかりませんが 佳いお時間を一緒に過ごせるといいですね。

予約制で、医者が一人為予約が、空かず行きにくい

カンセリングと、投薬のみしか出来ない。

検査なでは出来ない 生活保護指定医。