医療法人和楽会 赤坂クリニック

医療法人和楽会は、パニック症(パニック障害)・非定形うつ病・社交不安症(社交不安障害)などの不安・抑うつ症状の治療を手掛ける心療内科・精神科 専門医療機関です。



院長

貝谷 久宣
943年 名古屋生まれ。愛知県立明和高等学校、名古屋市立大学を卒業後、岐阜大学医学部神経精神医学教室に所属し、恩師難波益之教授の指導の下に神経病理学、生物学的精神医学の研究に従事。1972年より2年間、ミュンヘン・マックスプランク精神医学研究所に留学。帰国後講師、助教授を歴任。1991年より2年間自衛隊中央病院神経科部長を務め1993年2月開院。著書「不安・恐怖症、パニック障害の克服」講談社、1996年。共著「不安症の時代」日本評論社、1997年。著書「脳内不安物質」講談社、1997年。NHK「ためしてガッテン」、NHK BS「美と健康の新常識」などに出演。その他、民放テレビにも多数出演している。



診察内容

保険診療以外の治療法やサポートなど。

保険外診療

心理士によるカウンセリング、自費診療を希望される場合は、お電話で診察の予約をする際に自費診療を希望することをお伝えください。



対応病気・症状

パニック症(パニック障害)・非定形うつ病・社交不安症(社交不安障害)



保険以外の制度(助成金など)

自立支援医療制度の指定医療機関、セカンドオピニオン




アクセス

住所

107-0052 東京都港区赤坂3丁目9−182



電話番号

03-5575-8198



公式サイト

http://fuanclinic.com/akasaka/



料金

完全予約制、担当医制



口コミ・評判

平均評価【2.7】
投稿数【26】
感想【カウンセリングの時に臨床心理士に後悔していて辛かったことを話したら、話をよく聞くこともせずに、私自身の気持ちを強く否定されました。自分が少し歪んだ考えを持っていることは分かっていましたし、確かに臨床心理士の言ってることは正論でしたが、私はただ話を聞いてほしかっただけです。人間は本当に辛いことがあると歪んでい精神科の仕事は薬を出すこと、話を聞くのはカウンセラーの仕事というコピペを見たことがありますが、ここは今まで通った中で一番と思うほど、しっかりめに話を聞いてくれます。当たり前ながら、メンタルのサポートというよりは症状を診断するための会話であり、カウンセリングとはまた違ったものです。なので人によっては合わないでしょう。私は合理主義者でとりあえず正確な診断が出て適切な薬を処方されることを望んでいたので、ピッタリだったと思います。たり、矛盾していたりする感情を持ってしまうこともあるんです。その臨床心理士は大変な苦労したことのない人のかなと勝手に思っています。